利益総額: 【+207,969円】
総投票額: 【2,313,700円】
納税総額: 【914,373円】
登録日:18年12月02日
【62ポイント】(7,415位)
該当なし
該当なし

1位 5,467ポイント 2位 4,510ポイント 3位 4,203ポイント 4位 4,035ポイント 5位 4,013ポイント 6位 3,883ポイント 7位 3,818ポイント 8位 3,813ポイント 9位 3,758ポイント 10位 3,706ポイント 11位 3,670ポイント

※オーナー名をクリックしてください。

総評

~2018 Final Stage~(2018/10/9~2019/1/8)には、総勢 30,295人の皆様が参加されました。

遅くなりましたが、
新年明けましておめでとうございます。

W杯イヤーだった2018年を締めくくるStageとなった今Stage、
皆様にとってはどんなStage、どんな年だったでしょうか。

サッカー界では新生日本代表が、親善試合で上々の結果と内容を残し
すでに始まっているアジアカップに向けて期待が高まっています。

また、国内では川崎フロンターレがJリーグを連覇し、
ACLでは鹿島アントラーズが優勝してCWCに出場するなど、
両チームのサポーターにとっては楽しかった期間ではないでしょうか。

海外に目を向けると、セリエAのユベントスのように圧倒的な強さを見せるチームがある一方で
リーガのレアル・マドリッドなどは国内リーグではかなりの苦戦を強いられるなど、予想が難しいシーズンとなっています。

そんな中、E☆Cにおいては、kegakky氏が初めてのMVPを獲得されました。おめでとうございます!
kegakky氏はクアリャレッラ選手銘柄一本に絞り、そしてそのクアリャレッラ選手が現在得点ランク3位と好調なのがMVPの要因となりました。
一方、トト王では過去何度も上位争いをしてきた魔界呂威氏が、ついに初めての1位となりました。おめでとうございます!

今年は前述の通りアジアカップも始まっていますし、ヴィッセル神戸にはビジャがやってきます。
より一層、E☆C、そしてサッカーを楽しみましょう!

それでは、今年もよろしくお願い致します。

今Stageのサマリー

総出来高
【140,241株】
 
最多出来高銘柄:チーム
1位【1,169株】
2位【1,046株】
3位【717株】
4位【668株】
5位【637株】
 
最多出来高銘柄:選手
1位【2,701株】
2位【1,713株】
3位【1,659株】
4位【1,630株】
5位【1,626株】
 
最多配当獲得銘柄:チーム
1位【40ポイント】
1位【40ポイント】
3位【38ポイント】
4位【35ポイント】
5位【33ポイント】
5位【33ポイント】
 
最多配当獲得銘柄:選手
1位【14ポイント】
2位【13ポイント】
3位【12ポイント】
4位【11ポイント】
4位【11ポイント】
 
開催トトカルチョ試合数
【2,441試合】
 
トトカルチョ最高オッズ
【55.0倍】 (2018/12/2 エールディビジ 第14節 AZ 0-2 ウィレムII)
 

今Stageの主な改善点

次Stageの予定

今Stageの出来事

各賞の説明

MVP賞
ベスト・イレブン賞
トト王
納税王
新人王
功労賞
流行語大賞
E☆C証券で、獲得ポイントが最も多かったオーナー
E☆C証券で、獲得ポイントの上位11オーナー
トトカルチョの利益が最も多かったオーナー
納税額が最も多かったオーナー
そのStage中に登録し、獲得ポイントが最も多かったオーナー
E☆Cの発展に貢献したオーナー
そのStage、サイト内で流行した言葉
※税金の滞納や不正行為をした場合、上記各賞の受賞資格を失います
※不正行為等が後日発覚した場合、過去に遡って賞が取り消される場合があります